2012-02-10

chrome起動時の「プロフィールを開くことができませんでした。」というエラーについて


※追記
ブックマークは消す前のDefaultフォルダ内のBookmarksというファイルを戻すと、元に戻りました。
Defaultフォルダは消すのではなく、別のフォルダに対比させておいて、必要なものだけファイルを戻していく感じの方がいいかもしれません。

 

最近google chromeを立ち上げると
「プロフィールを開くことができませんでした。一部の機能をご利用いただけない可能性があります。プロフィールが存在し、そのコンテンツへの読み書きが許可されていることを確認して下さい。」
というエラーが発生するようになりました。

それだけでなく、「履歴」の閲覧ができなくなり、「閲覧履歴の消去」を仕様としてもchromeがクラッシュして落ちてしまいます。

 

こりゃいかんということで、ぐぐってみると・・・

同じような症状で悩んでるサイトが幾つか出てきました。

 

記載されているとおり、ユーザーデータを削除しようと思い、Defaultフォルダを見ると

 

 

なんと609.4MB!!!

 

月別の履歴のインデックスファイルが100MBも有る・・・そりゃ重いわけだ・・・。

 

というわけで、このDefaultフォルダを削除します。(どこか他の場所にバックアップはとっておいて下さい。)

Mac OSXの場合は

Users/自分のユーザー名/Library/Application Support/Google/Chrome/Default

を削除。

windows等の方はコチラを参照

 

Libraryフォルダは隠しフォルダになってるので、普通にはみれないかも?

多分このへんで可視フォルダになるはず。ぐぐってみてください。

 

これで、まっさらな状態に戻ったので、再度googleアカウントでログインすれば・・・エラーはなくなりました。

 

履歴を見ると、2/1の夕方以降のものがごっそり抜け落ちてしまいました。

ブックマークも最近追加したものは、なくなってしまってました(^^ゞ

この間は同期できてなかったようですね。

 

まぁ、とりあえずエラーがなくなったのでこのまま様子を見てみますが、再発してる方が多いみたい。

 

 

chromeが いままでのモッサリが嘘のようにサクサク動くようになりました。


オススメの書籍



お問い合わせはこちら

Copyright(c) 2011 名古屋市のホームページ作成・制作・管理ならSPOT All Rights Reserved. SEO 名古屋 SEO対策